エシカル・ファッションショー

“エシカル(倫理的な)とは“思いやり”。私たちの幸せの裏側で、弱者への搾取や地球環境破壊などで、誰かや何かが犠牲になっているとしたら、本当の幸せではありませんね。物事の背景や裏側に思いを巡らして、社会や環境に優しいか、関わる人みんなが喜んでいるのか、人も自然も、地球上すべての命がハッピーであるよう、思いやる心がエシカルの美意識です。
誰も犠牲にしない穏やかな地球のために、買うものを「選択」することで新しい未来が始まると信じています。

ファッションショー

■ethical・fashion(エシカル・ファッション)とは

「エシカル・ファッション」とは、環境に負担をかけないオーガニック素材や自然素材、リサイクル素材などを使用し、正しい労働条件で公正な賃金のフェアトレードであり、地域の伝統技術・製法を継承しながらクリエイトされる、良心を大事にしたファッションのことを云います。そして大切なことは、魅力的なデザインで確かな品質であること。エシカルに気を配る方々のみならず、純粋にファッションを楽しみたい方々のもとにまで届き、エシカルが暮らしの中に自然と存在するために、クリエイターたちのデザイン力が活かされます。見た目のデザイン性や質の良さに魅かれて選んだモノの背景が、公正であり生産者にも地球環境にも社会にも優しいものであれば、未来は良い方向へ進みます。
そんなエシカルという概念は、ファッションに限らず、美容・食事・建築・教育・街づくりなど様々な分野にもあてはまります。
 
いろんなところでエシカルという言葉が聞こえ始めました。エシカルは、地球・自然・環境との調和・融合・共生という、生き方・暮らし方全般を対象とする価値観であり、美意識です。自分の心や身体によい生活をするロハスや、人間中心の環境保全のエコからさらに踏み込んで、自分優先でなく、自分以外の他人や自然や生きものなどを思いやり、支え合い、つながっているという自然の摂理を尊重するライフスタイルです
 
 
「フェアトレード(公正な貿易)」とは、
もともと貿易とは、お互いに持っていないものを融通し合い、みんなが幸せになるという発想が元にあったはずでしたが、時代が経るにつれ、強い人が弱い人のものを搾取するという形が生まれてしまった。これをなんとか是正しようというのがフェアトレード。途上国の弱い立場にある生産者にとって公平な条件での貿易を先進国が継続的に行い、経済的な自立を支援することで、児童労働・貧困問題の解決や、文化・伝統・環境を守る国際貿易です。

pagetop